エクストラロングラッシュ(プラス) 口コミ 効果 色素沈着 使い方

まつ毛を傷める原因とケア

まつ毛って、傷つきやすくて抜けやすくて、体毛の中でもすごくデリケートな部分なんです。
でも、日頃のいろんなことでダメージを受けやすくて・・・
「ちょっとまつ毛が乱れてきた! 本数が減ってきた! 生えてこなくなった!」なんて感じている方も多いと思います。

 

まつ毛を傷める原因とケア

 

「目は口ほどに物を言う」といいますが、目元って、顔の中で一番目立って、魅力的な部分ですよね。
そこがガタガタだったら、いくらメイク頑張ってもカバーできません。

 

まつ毛ケアには、まつ毛が傷んでしまう原因をきちんとおさえておくことが大切です。
そして、しっかりとケアしていくこと。
ここでは、日頃うっかりやってしまいがちなアクションを中心に、まつ毛を傷めてしまう原因とその対策についてご紹介させていただきます。

まつ毛を傷めてしまうのは? ⇒ ビューラーが原因

まつ毛を傷める原因とケア

 

ビューラーって、自然な感じのカールが簡単にできるから、手放せない方も多いのではないでしょうか。
確かに手軽だし、危険性もなさそうなので、毎日使いますよね。

 

でも、よく考えてみると、まゆ毛を挟んで引っ張るって、すごく乱暴ですよね。
1回や2回ならまだしも、これでもかっていうほど何回もグイグイやるのは控えた方がよさそうです。
また、ビューラーのゴムをずっと換えずに使い続けるのもやめましょう。
まつ毛の抜けや切れの原因になります。

 

ゴムは、硬くなったり、ひびが入ったり、カール力がなくなったりする前に換えましょう
ビューラーの使用頻度などにもよりますが、2〜3ヶ月毎の交換が一つの目安のようです。

 

また、ゴムの交換の前に、ビューラー自体が、あなたに合っているかどうかも確認しておきましょう。
ビューラーには、サイズがいろいろありますよね。
今お持ちのビューラーで、目頭から目尻までのまつ毛をきちんと挟むことができているでしょうか。

 

自分のまぶた(目)のサイズやアール(丸み)に合っていないビューラーも、まつ毛の抜けや切れの原因になりますし、
カールもきれいに作れませんので、確認しておきましょう。

 

ホットビューラーをお使いの方もいらっしゃると思います。
カールが長持ちするので人気のようですが、ヘアドライヤーと同じで、長時間の加熱は禁物です。
まつ毛が簡単に傷ついてしまいます。

 

取扱説明書に示された使用法をきちんと守って使いましょう。
また、ホットビューラーは、まつ毛の乾燥にも注意が必要です。
乾燥は、まつ毛の大敵!
まつ毛美容液などでのケアも忘れずにしてくださいね。

まつ毛を傷めてしまうのは? ⇒ クレンジングが原因

メイク落しって、ムキになることってありませんか。
ていねいにクレンジングしているのに、部分的に汚れが残ってて、何回も顔をゴシゴシ。
これって、当然お肌にもよくないけど、まつ毛にもダメージ強すぎです。
まつ毛が傷ついたり抜けたりの原因になってしまいます。

 

まつ毛を傷める原因とケア

 

特にマスカラをつけてると、そこだけなかなか落ちなくて困ることも。
ウォータープルーフのマスカラだったら、なおさらですね。

 

そんなときは、アイメイクリームーバーなどのポイントメイクリムーバーがおすすめです。
局所的にマスカラが残る場合は、リムーバーを綿棒などにつけいて優しく落とします。

 

また、マスカラを塗るときは、マスカラ下地も使うようにしましょう
まゆ毛にマスカラ下地を先に塗って、その上にマスカラを塗ります。
マスカラ下地は、マスカラがキレイに塗れるだけでなく、まつ毛の保護もしてくれますし、
クレンジングのときにマスカラの落ちもよくなります。

 

クレンジングするときは、顔全体のメイクをいっぺんに洗い流すというより、
目元や口元などその部分に合ったリムーバーで個別に落としていくことを心がけましょう。

まつ毛を傷めてしまうのは? ⇒ まつ毛エクステ、つけまつ毛、まつ毛パーマが原因

まつ毛エクステって、長いまつ毛が自然で魅力的でステキですよね。
でも、まつ毛エクステは、自まつ毛にとても負担になっています。

 

グルーといわれる接着剤で自まつ毛にエクステンション(仮毛)をつけるわけですから、やはりダメージがあります。

 

まつ毛を傷める原因とケア

 

エクステを取る(オフする)場合も、クリームやジェルなどの専用のリムーバー(接着剤を溶かす)を使いますので、
自まゆ毛へのダメージがゼロではありません。

 

エクステンションも重みも無視できない負担です。
ですから、まつ毛エクステをしているときは、自分のまつ毛のケアがとても大切になります。

 

 

そして、つけまつ毛
つけまつ毛は、特殊な接着剤で皮膚につけるわけですから、自まつ毛にも負担ですが、
皮膚にもダメージを与える可能性があります。

 

まつ毛を傷める原因とケア

 

さらに、つけまつ毛をはずすときは、引っ張ってはがすわけですから、まつ毛とまぶたに強い負担がかかります。
これが、肌荒れやまつ毛の抜けを招いてしまうこともありますので、つけまつ毛の使用は、慎重にしなければなりません。
当然、つけまつ毛をはずした後のケアもとても大切になります。

 

 

まつ毛パーマも、まつ毛を傷める原因の一つです。
パーマ液が、まつ毛のダメージになります。

 

まつ毛パーマって、洗顔した後でもカールがクルンとしてるし、ビューラーも使わなくていいし、費用もわりと安いから魅力的ですけど、
何回もパーマかけていると、どうしてもまゆ毛が傷んでしまいます。

 

まゆ毛が数本抜けたり、人によってはゴソッと抜けてしまったという方もいるようです。

 

まつ毛エクステやつけまつ毛、そして、まつ毛パーマは、目元のオシャレにはうってつけですが、
やはり、自まつ毛とまぶたのケアは欠かすことができせません

まつ毛を傷めてしまうのは? ⇒ 睡眠不足・ストレス・食生活が原因

まつ毛を傷める原因とケア

 

睡眠不足やストレスって、体にいいわけないですよね。

 

いろんなストレスがたまると、よく眠れなくなって、自律神経が乱れていきます。
すると、まつ毛を作り出して成長させる毛母細胞の働きも悪くなるという悪循環が
生まれます。

 

まつ毛を傷める原因とケア

 

ストレスをなるべくためないで良質の睡眠がとれるような、生活習慣を心がけましょう。

 

 

もう一つ、あなたの食生活はいかがですか?

 

油たっぷりの揚げ物や塩分いっぱいのカップ麺、糖分おもいっきりのスイーツ・・・
みたいではありませんか。
これって、ダイエットの大敵ですけど、まつ育にとっても超良くありません。
脂質、塩分、糖分の摂りすぎには要注意です。

 

ストレス解消のためには、好きなものを好きなだけ食べることも、たまには必要かもしれませんが、
普段の食生活は、なるべく体に優しいものに換えてみましょう。

 

そして、まつ毛を健やかに育ててくれる栄養分を食事から摂ることも大切です。

 

まゆ毛やまつ毛、髪の毛などの体毛は、主にタンパク質で構成されています。
ですから、タンパク質が多く含まれる食品を食べればいいわけですが、一つポイントがあります。

 

タンパク質は、一度アミノ酸に分解されてから吸収され、体の各所で必要な種類のタンパク質に再合成されます。
この合成をサポートするのがビオチンという成分です。
つまり、タンパク質と一緒にビオチンがたくさん含まれる食べ物を摂ると効果的ということです。

 

おすすめの食べ物があります。
それは、ピーナッツ

 

まつ毛を傷める原因とケア

 

ピーナッツには、タンパク質もビオチンもたくさん含まれていますから、一石二鳥ですね。

 

ピーナッツは、素煎りで薄皮つきで、無塩のものを選びましょう
薄皮には、ポリフェノールもたっぷりです。

 

ただし、ピーナッツは高カロリーなので食べ過ぎには注意しましょう。
1日20粒くらいが適量だそうです。
ピーナッツには、育毛だけではなくて、いろいろな健康効果がたくさんありますので、お試しください。

まつ毛を傷めてしまうのは? ⇒ 目をこすることが原因

意識的にしても無意識にしても、目をこすることって意外と多いようです。

 

目がかゆいときとか、眠くなったときとか、泣いちゃったときとか・・・

 

まつ毛を傷める原因とケア

 

目元って敏感だから、こすると直ぐ赤くなりますよね。
それは、目の周りは皮膚が薄いから。
余談ですが、目の下のクマが目立つのも、血管が透けて見えるからだそうです。

 

目をこすらないようにするのは、なかなか難しいかもしれませんが、こすりたくなったらグッとこらえるか、
冷たい濡れタオルを目に当てる、目薬をさす、軽く顔を洗うなど
、いろいろ方法はありますが、
とにかく目への直接の刺激を避けることですよね。

 

目をこすることは、まゆ毛へのダメージだけでなく、目に細菌が入ったり、皮膚が傷ついたり、
黒ずんだりしてしまうこともありますので、十分注意しましょう。

まつ毛を傷めてしまうのは? ⇒ 紫外線が原因

まつ毛を傷める原因とケア

 

紫外線と聞くと「お肌の日焼け」を連想しますが、まつ毛にも大きな負担になります。
強い紫外線を浴びると、まつ毛の表面を保護しているキューティクルが傷み、まつ毛の生え際の皮膚もダメージを受けて、
まつ毛の発育に大きな影響を及ぼします。

 

晴れの日の外出には、つばの広い帽子をかぶったり、サングラスをかけたり、日傘をさしたりと、紫外線対策を忘れないでくださいね。

 

最近は、紫外線からまつ毛を守ってくれるマスカラ下地などもありますので、試してみるのもいいかもしれません。

 

もちろん、まつ毛美容液などでのアフターケアも忘れないでくださいね。

 

 

いかがでしたでしょうか。
まつ毛を傷める原因って、ほんと、たくさんあるんです。

 

まつ毛は女性にとって、とっても大切なもの。
だから、ちょっと大変だけど、日頃からまつ毛に優しいことを考えてあげましょう。
いつまでも、キレイなまつ毛でいるためにね。

 

>> おすすめの「まつ毛美容液」